お車代の相場は幾らでしょうか?


お車代の相場は幾らでしょうか?

お車代は「お礼」の意味外があります。
ご祝儀の相場との絡みで金額設定されていることが多いです。

「実費」の意味合いでのお車代は直接的ですから友達や親戚など事情が分かっている関係が前提になります。

受付を担当してくれた人…… 3000円から5000円
受付を担当してくれた同僚やお友達へのお礼ならば、この程度の設定が一般的です。
依頼した側の親から挨拶を兼ねて渡すようにする方がいいでしょう。
包んだお金を一緒に品物を渡すのもありです。

遠方からきてくれたゲスト……交通費の半額から全額
もしも予算があるならば、全額負担がいいですが、実費を渡すよりも事前にチケットを用意して送るのがスマートです
当日、実費をお渡しするのもいいでしょう。
全額負担が厳しいけれど、気持ちを表したいならば半額程度を渡すといいです。

主賓・乾杯・祝辞を依頼した人……10000円から30000円
最低でも10000円以上渡すのが相場になっています。
相手のご自宅が挙式場から近くても包んでください。
それぞれの親から挨拶も兼ねて目立たない場所で渡すのがスマートです。

お車代について知っておきたい基礎知識

お車代って何?
遠方から参列していただけるゲストへ交通費や宿泊費として用意します。
主賓や乾杯をしてくれる人は、遠方でなくても自宅からタクシーを利用して往復してもらうことを前提にしています。
御礼ではなくて「お車代」として用意するのが一般的です。

お車代の袋や包み方
数万円程度の金額になる場合は、「水引き」と「のし」のついたものを選びましょう。
水引きは「あわじ結び」「結び切り」で、御礼とか御車代のどちらかを記入してください。

数千円程度のお渡しの場合は、ぽち袋でもいいです。
いろいろなデザインがありますし、ご自分でDIYしてもいいですね。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング