大阪の格安ウェディングドレスのオーダー販売店ランキング > ウェディングドレスの基礎知識 > 太っていても似合うデザインのウェディングドレスの特徴とは?

太っていても似合うデザインのウェディングドレスの特徴とは?


太っていても似合うデザインのウェディングドレスの特徴とは?

ドレスのデザインやドレスの型で気になる点をカバーするものを選ぶといいでしょう。
ポッチャリな花嫁さんがデコルテ部分をカバーしたいとしましょう。
その場合は肩の部分がしっかりあるデザインやオフショルダーのウェディングドレスがお勧めです。

キャミソールタイプのデザインよりもタンクトップのほうが自然に見て綺麗な印象です。
注意したいのは肩紐です。
種類や素材によっては、ムッチリを強調してしまいます。

それ以外ならば、ビスチェタイプもお勧めできます。
バスト周辺がグラマラスに見えるのでお肌がステキに見えます。
貧乳・微乳の花嫁では真似ができないでしょう。

首の付け根から四角くなっているスクエアネックもスッキリしてお勧めです。
丸顔の花嫁でもシャープなイメージになりますし、顔の周囲がゴチャゴチャしません。
首も長く見えますし、鎖骨も綺麗に演出できます。
上半身はフィット感を大事にしてウエストから広がるデザインがいいでしょう。
プリンセスラインやAラインのウェディングドレスです。

太っていても似合うデザインのウェディングドレスは白以外を選ぶ方法もあります。

白以外でスッキリする色合いを選ぶのはどうでしょうか?
ポイントになるのは、横の凹凸です。
バストライン・ヒップライン・腰のくびれの位置です。

とりわけ重要なのはウエストの位置切り替えでしょう。
高すぎるとロリ系のイメージになります。
できるだけローウエストにすると大人っぽい演出になります。

バランスも上半身2割下半身8割に配分すると綺麗です。
上半身と下半身の違う素材を選ぶ方法もありますね。
パールやレースや刺繍を上半身に集めるデザインのウェディングドレスがお勧め。

お腹周りや太腿が気になるでしょうからシルエットを綺麗に魅せるために上半身と下半身おギャップを強調するほうがいいのです。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング