ウェディングドレスの生地


ウェディングドレスに使われる生地には様々なものがあります。
その中で多く使われているものを紹介します。

高級素材のシルクは、ウェディングドレスの定番です

蚕の繭からとって作られる天然繊維である絹であるシルクは、高級素材として重宝されています。
元の色はオフホワイトですが、吸水性や染色性がよいですので、染色して使われることもあります。
軽くてやわらかく、美しい光沢があります。

シルクで作られているドレスの特徴としては、艶やかで高級感と優雅な印象を与えてくれるということでしょう。

ただ、家庭での洗濯が難しいですし、汗によるシミ、変色、黄ばみなどもありますので、購入する場合には保存方法も考えておく必要があります。

レース素材も多く使われています

糸を使い、透かし情の模様にした布の総称をレースと言われます。

ウェディングドレスで使われるレースは、苑風呂胃ダルレース、ラッセルレース、莉バーレースなどが多いです。

レースを使うことによって、ドレスがより華やかになります。

使い方によって可愛いデザインにもゴージャスなデザインにもなるのです。

また、デコルテを見せたくない場合にも、レースは効果的です。
透かした感じですので、デコルテをしっかり隠したとしても、重たい感じになりにくいのではないでしょうか。

なめらかな質感と高級感ある光沢のサテンも使われます

縦糸と横糸の交差を少なくして、生地表面に糸を長く浮かせた織物であるサテン。
独特の光沢はシンプルなドレス流れるような動きのあるドレスに適しています。

ただし、生地の強度が弱いこと、糸抜けがしやすいというデメリットがあります。
尖ったものに引っ掛けると布地が引きつれてしまいますし、家庭での洗濯は難しいということもあります。

そのため、サテンのドレスを購入する際には、保存方法を考えておく必要があります。

オーガンジーはウェディングドレスには欠かせない生地です

透けてみせる薄い生地ですが、平織りに加工を施していますので、柔らかさがある上に丈夫な生地です。
透け感があり、見た目にも柔らかいですので、繊細な印象を与えてくれます。

また、生地を重ねてボリュームを出しても重苦しくならないですので、スカート部分に多く取り入れられています。

最近では和装ドレスの素材としても使われることが増えています。

まとめ

いかがでしたか。
ウェディングドレスに使われる生地にも様々な種類があります。
もし、自分のドレスを作るということであれば、素材にもこだわってみると良いのではないでしょうか。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング