ウェディングドレスの衣装合わせ


ウェディングドレスの衣装合わせは楽しいひと時と言えるかもしれません。
しかし、より自分に合ったウェディングドレスを選ぶ際に少し気をつけておくと良いポイントがありますので、ご紹介していきます。

複数の人に見てもらうようにする

衣装合わせの際に、パートナーだけでなく、家族や友人を連れて行きましょう。

というのも、衣装合わせの担当の方は、厳しい目で意見をしてくれないことが多いです。
本人が気に入っているデザインを否定するのは避けるからです。

むしろ、はっきりと意見を言ってくれる人に感想を求める方が良いのではないでしょうか。
自分の姿は鏡越しでしか見ることができませんので、客観的な目で見た感想は大切です。

ブライダルインナーがある方がわかりやすい

もし、ブライダルインナーを持っているのであれば、是非持参しましょう。

というのも、ドレスを着用する際、普段使っているインナーでは美しいシルエットが出ません。
そのため、より美しい状態で見たいと考えるのであれば、ブライダルインナーがあると大変便利です。

服装などにも気をつけましょう

試着を行うために行くのですから、着脱しやすい服装で行くことは大切です。
そして、ドレスの着脱はショップの方が行うことが多いので、インナーにも気を配りたいです。

試着の際にはドレス用の靴を履くことがありますので、ストッキングを持参すると良いでしょう。
夏には素足、冬にはタイツで足を運ぶこともあるかもしれません。

また、当日のメイクはしっかりとされますので、普段よりしっかりとしたメイクのほうがイメージしやすいです。

髪の長い人は、ヘアスタイルのイメージがしやすいように、アレンジしやすい状態で行くことをオススメします。
髪をおろしたままで行くのも良いでしょう。

まとめ

少しの気配りで、衣装を合わせやすくなりますし、スタッフの方にも気持ちよく対応してもらうことができます。
せっかくですので、お互いに良い気分で行いたいものです。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング