ウェディングドレスの費用


ウェディングドレスの費用を知らない方も多いかも知れません。
ホテルなどの披露宴会場の場合、費用の中に含まれていることが多いからです。

実はウェディングドレスの費用は全体から見るとかなり割合が大きくなっています。
ウェディングドレス代だけで20万円以上も支払っている人もいるそうです。

できるだけリーズナブルに披露宴を挙げたい、こだわりのウェディングドレスがある、などの場合は、ウェディングドレスの費用を見直してみるのも良いかもしれません。

ウェディングドレスを作る人もいます。

ウェディングドレスをレンタルする人が多いかもしれません。
でも、実はウェディングドレスを作る人もいます。

ウェディングドレスを作るメリットとしては、やはり自分に合ったものを作ることができると言うことでしょう。
費用もレンタルよりも安い場合もあります。

自作でパターンを起こして作られる人も居ますし、オーダー、セミオーダーなどを利用する人も居ます。
オーダーする際には、価格もですが、どのくらいで仕上がるかもチェックしておくことが大切です。

自分のウェディングドレスであれば、披露宴が終わってからも手元に残ります。
思い出の品としても良いかもしれませんね。

ウェディングドレスの価格は様々です。

ウェディングドレスは見た目は似たようなものであっても、価格は様々です。
有名なデザイナーが作られたものであったり、材質にこだわりがあったりなど、理由もいろいろです。

レンタルの場合に言えることは、高いからと言って質の良いものとは限りません。
何度もレンタルされていると、価格が安くなる場合もあるそうです。

つい高いドレスに目がいきがちですが、もしかすると比較的リーズナブルなドレスに良いものが隠れているかもしれません。

ウェディングドレスを持ち込む場合

気に入ったドレスがある、安いレンタルドレスを見つけた、思い切ってドレスを作ったなど、ウェディングドレスを持ち込むこともあるかもしれません。

その場合、持込料が発生する場合があります。
会場によっても違いますので、確認することは大切です。

せっかく安いドレスを見つけたとしても、持込料が高いために、結局会場のレンタルと価格が変わらなくなったということもあるのです。

まとめ

いかがでしたか。
ドレス選びはつい見た目を重視しがちですが、費用面にも少し気にかけておくことも必要かもしれません。
ドレスの費用が安くなった分、他のところに費用を回すことも可能になりますよ。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング