大阪の格安ウェディングドレスのオーダー販売店ランキング > ウェディングドレスの基礎知識 > ウェディングドレスは普段の服のサイズと違うので注意してください

ウェディングドレスは普段の服のサイズと違うので注意してください


ウェディングドレスは普段の服のサイズと違うので注意してください

ドレスのサイズ表記の数字にこだわる必要はありません。
一般的なファッションと同じように、ウェディングドレスも号数が付いているサイズがあります。
「こんな大きなサイズなの」とか「洋服と違うサイズだからショックを受けてしまって……」なんて経験談をきます。

ウェディングドレスのサイズを気にする花嫁もいますが、号数の数字を気にすることはまったくありません。
分かりやすい目安にはなりますが、商品番号の一つと考えるといいでしょう。
洋服とウェディングドレスのサイズ感は違います。

スタイリストは「そんなに気にすることがない」と口をそろえます。
女性もさまざまなスタイル・体型があります。

たとえばクビレ体型の女性ならば、バストとウエストのサイズが1号分差があったりします。
アンダーしっかり体型ならば、あばら骨が前にでてきます。
それずれに、ぴったりするサイズがあるのです。

ウェディングドレスはフィットして着用します。
だから、普段ゆったりとして着用する洋服とは違うサイズになって当然なのです。

ウェディングドレスを選ぶときに確認したいことは?

違和感がないようにチェックしましょう。
ウェディングドレスがキツすぎないかとか、それとは正反対で落ちてきそうにならないかです。
スカートの裾が床につきすぎていると歩きにくいです。

着丈が浮きすぎるとヒールが見えてしまって不格好です。
ウエストやアンダー周辺にシワがでてしまうのはサイズがキツすぎるのです。

次にチェックした方がいいポイントとしてお辞儀をしてみましょう。
胸元からインナーが見えてしまうと恥ずかしいですね。

こういったことはウェディングドレスを綺麗に着る場合に大切なポイントになります。
担当のスタイリストとしっかり打ち合わせしましょう。

特にキツイ感覚は大事で、試着は我慢できたとしても当日は辛くなってくるので、その点も考慮して選びましょう。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング