ウェディングネイルはいつ行けばいいのでしょうか?


ウェディングネイルはいつ行けばいいのでしょうか?

基本は前日から一週間前です!
挙式前の花嫁さんは多忙です。
特に一週間前は忙しいのですが、ブライダルネイルのベストタイミングはこの時期です。
セルフケアできるならば、もう少し早いタイミングでもいいです。

ですが挙式の当日に直しが必要になれば厄介です。
基本的にはプロフェッショナルな人にお任せしましょう。
一週間前から前日までの仕上げがいいです。

ウェディングネイルが一番綺麗に当日を迎えられる期間とは?

マニキュア
耐性がとっても弱い特徴があります。
前日仕上げがベストタイミングです。

ジェルネイル
持ちが良いのが特徴ですから、一週間前でも大丈夫です。
しかし、爪の伸びが早いタイプならば、ギリギリに仕上げる方法をオススメします。

ネイルチップ
チップそのものの完成まで数日かかるケースもあります。
納期の確認は事前にしておくようにしてください。

ウェディングネイルの種類のメリットとデメリットは?

ジェルネイル
ジェルネイルは自分の爪にジェルを乗せてUVライトを使って硬化させます。
カラーの持ちも良いしツヤ感もステキです。
爪に負担も少ないので人気になっています。

爪の強度がアップし、爪が薄い人や弱い人にも向いています。
マニキュアのように乾かす必要がありませんから、塗った後すぐに手を使えます。
デメリットは自分でオフしにくいことです。

マニキュア・ポリッシュ
自分の爪に直接マニキュアを塗ってデザインをする方法で、ある程度の長さがあると指が細く長く見えてステキです。
挙式後、すぐに仕事をする場合でも、除光液を使えばオフも簡単。
リーズナブルな価格もメリットです。
デメリットは、持ちが1週間から10日と短いですし、乾くまで時間がかかります。

ネイルチップ
デザインされたネイルチップを自分の爪に装着し、着脱が簡単です。
爪への負担も少ないし、お色直しに合わせてチェンジできます。
思い出の品として保存もできます。

デメリットは取れてしまいやすいこと。
チップにあわせた爪の長さが必要なことです。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング