中古のウエディングドレスのメリットデメリット


中古のウェディングドレスのメリットデメリット

中古のウェディングドレスは、他の誰かが実際に来たウェディングドレスのほか、ドレスショップでの型落ちしたデザインのドレス、レンタル品として使用されていたものなどが含まれています。
誰かが来て結婚式をしたドレスだと思うと、抵抗がある人も多くいるかもしれませんが、中古のウェディングドレスには、実はさまざまなメリットやデメリットがあります。

代表的なものでは、メリットとして、安く購入でき、比較的きれいでデザインも気に入ったものが入手しやすく、中には未使用のものもあることが挙げられ、デメリットには、売り切れやサイズがないこと、クリーニング代がかかること、式場では持ち込み料金がかかること、デザインが古い可能性があることなどが挙げられます。

メリットとデメリットを比較すると、安く購入できて使用できる部分では中古のメリットの方が大きく、サイズがないことや売り切れている可能性がある部分ではデメリットが心配になります。
ですが、中古のウェディングドレスのお店は一か所ではなく、インターネット上にもたくさんあるので、探すことができます。

価格帯、ドレスの状態など、詳しく調べて賢く使えば、中古のウェディングドレスも思い出の1つにすることができます。

中古ドレスを使用するときの注意点とは?

中古ドレスを使用するときは、式場に持ち込み料金がどれくらいかかるのかを事前に確認し、保管場所、クリーニングの日数や費用などもチェックし、備品も用意した方が良いといえます。
新品のオーダードレスとは異なり、何もかもが揃うわけではありません。

そのため、中古のウェディングドレスを使用する場合は、備品や管理、持ち込み金額に至るまで、事前にチェックしておきしっかりとした対策をしておくことが必要です。
持ち込み料金がさほどかからなければ、その他の部分では大きな金額はかからないと予測できますが、備品には注意が必要です。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング