彼より身長が高い花嫁のウエディングドレス


彼より身長が高い花嫁のウエディングドレス

新郎になる彼よりも、花嫁さんの方が身長が高いケースは、珍しいことではありません。
近年では男女ともに、若いうちから平均身長が伸びていて、女性も160センチを超えるケースがよくあります。
新郎よりも花嫁の方が身長が高い場合は、シューズや、ドレスのライン、写真撮影時の構図などで工夫が可能です。

どうしても身長差が気になるときは、花嫁が履く履物は高さが出ないように低くすることや、新郎のシューズを厚底にするなどの工夫で、数センチ程度の身長差を埋めることができます。
同じくらいにする、花嫁の方が高すぎない程度に見せるなら、有効な手段です。

別の方法では、花嫁の衣装を縦のラインを強調するようなデザイン、トレーンの長いものを避けて、ヘアスタイルはダウンスタイルやコンパクトにまとめた程度など、見え方を工夫すると強調されなくなることがあります。

写真撮影の際には、できるだけ新郎だけが立ち、花嫁は座っているポーズや、段差や奥行きがあるセットを使用するなど、遠近法を利用したポーズでも断然異なる写真を残すことができます。

また、男性が160センチ以下、女性が175センチもあるというような、極端な場合は、2人の個性として受け止めることも良い方法です。

ウエディングドレスの袖はあった方がいいのか

ウエディングドレスを選ぶときに、袖はあった方がいいのか、なくてもおかしくないのか、露出にも関わることとなると迷うことも多くなります。
実際に、袖が無ければならないという決まりはなく、袖があってもなくても良いものですが、露出を控えたいなら袖ありを、多少の露出ならアメリカンスリーブまでの範囲で選ぶのも良いといえます。

また袖も七分にしたり、総レースの袖を使用することで、控えめながらも露出しているような雰囲気を出すことができるので、上品に仕上げたいときにも活用できるドレス選びの方法の1つです。

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ
徹底比較ランキング