大阪のウェディングドレス店ランキング > ウェディングドレスの基礎知識 > 日本人なら一度は着たい!格式高い和装・白無垢!

日本人なら一度は着たい!格式高い和装・白無垢!


結婚式は、生涯の中でも特別な日。
そんな結婚式には、「教会で綺麗なウエディングドレスを着たい」という人は多いと思いますが、日本人に生まれてきたからには和装での婚礼も憧れるという人も少なくないですね。

そんな和装といえば、色打掛や引振袖などがありますが、最近は白無垢もとても人気が高いんです。芸能人の神前式の衣装でも白無垢を着る方が多く、話題にのぼりますよね。

白無垢とは?

白無垢とは、打ち掛けから掛下、帯や草履、足袋、小物類まですべて白で統一された日本の伝統的な花嫁衣裳です。

白で統一されている意味は、「嫁ぎ先の色に染まる」「けがれのない清い身」を意味しています。

元は、武家に嫁ぐ花嫁の衣装であり、和装の婚礼衣装の中でも最も格式の高いものになります。
本来は、神社で執り行う神前式のみに着ることのできる正装でしたが、最近では神前式以外の披露宴やお寺での仏前式、それに教会でも着用することができますので自由度が高くなっています。

近年の白無垢はアレンジが豊富

従来、白無垢の際には綿帽子、もしくは角隠しと呼ばれるヘアスタイルにするのが一般的でした。

綿帽子を身に着ける際は、かつらをかぶり、その上から頭を覆うような白い大きな袋状のかぶりものを身につけます。
婚礼が終わるまで花嫁は新郎以外の人には顔を見られないようにする、という意味合いが込められているのです。
洋装の際のウエディングベールと同じ意味合いですね。

また、角隠しはまげを結った髪の上に、白い帯状の布で覆います。
女性は嫉妬に狂うと鬼のようになる、と言われていたため、角を隠して夫に従う従順な妻になる、という意味合いが込められています。

最近では白無垢の際には生け花や造花のヘッドドレスや大きなリボンなどを使用して洋風に仕上げる花嫁さんも多いのです。

有名なのが、沢尻エリカさんの大きな洋風のヘッドドレスですね。

また、従来は小物類も白で統一していましたが、最近では小物類もおしゃれなデザインのものが人気であり、白や赤だけではなく、緑や紫、桃色といったデザイン色を白無垢衣装の中に取り入れて個性的に仕上げる花嫁さんも多いんです。

日本の伝統的な白無垢衣装も、個性的なアレンジが豊富になり、格式の高い装いを維持しつつ、とてもおしゃれで綺麗な衣装が魅力ですね。

大阪のウェディングドレス店おすすめランキング

商品情報

  • ¥200,000

  • ¥137,500

  • ¥137,500

  • ¥137,500

その他のウェディングドレスを見る

オススメの理由

セミオーダー専門店!カラーもサイズも自分好みに
約100着のデザインから選べる
納期は最短2ヶ月!8万円台~!

もっと詳しく見る

anjeri

おすすめの理由

森田圭伊子によるオリジナルドレス!
繊細でしなやかなラインが特長!
ヘアメイクやエステ、 ネイルも可能!

inoue

おすすめの理由

レンタルからオーダーメイドまで可能!
専任スタッフに相談しながら選べる!
小物やアクセサリーも充実!

aimer

おすすめの理由

誰も袖を通したことのない販売のみ!
年2回、オリジナルコレクションを発表!
日本人女性にマッチしたバランス!

four&sis co.

おすすめの理由

誰も袖を通したことのない販売のみ!
年2回、オリジナルコレクションを発表!
日本人女性にマッチしたバランス!

Ranking

  1. Marry me
  2. anjeri
  3. inoue
  4. aimer
  5. four&sis co.

基礎知識

タイプ別

エリアで探す

店舗一覧

サイトマップ